入社3年目のKanaeがプロゴルフツアーをご紹介します!

ゴルフ日本シリーズJTカップ
140x140
 前大会優勝者 C・キム   
  • 開催期間      12/2(木)〜12/5(日)
  • 開催コース     東京よみうりカントリークラブ
  • 賞金総額      13,000万円
  • 優勝賞金       4,000万円
  • スコア速報     https://www.jgto.org
  • 大会公式サイト   https://www.jti.co.jp/sports/jtcup/index.html

最終戦!「ゴルフ日本シリーズJTカップ」
コロナ禍の今シーズンを勝ち抜いた選手たちが、
ついに今季の集大成に挑む!今季を締めくくるのは誰だ!

by Kanae
 先週、開催された「カシオワールドオープン」では、初日から首位に立っていた堀川未来夢選手が最後まで逃げ切り完全優勝を決めました。2位に2打差をつけ、トータル19アンダーで、2019年「日本ゴルフツアー選手権」以来となるツアー2勝目。 首位と2打差の2位タイには宮里優作選手と今平周吾選手、3打差の4位タイには塚田陽亮選手、香妻陣一朗選手、金谷拓実選手。
 そのほか、賞金ランク1位で本大会を迎えたチャン・キム選手トータル5アンダーの45位タイで終了。賞金王争いは最終戦まで持ち越しという結果になりました。
 同4位の星野陸也選手はトータル8アンダー、26位タイ。注目のアマチュア、中島啓太選手はトータル11アンダーの14位タイでフィニッシュと好調だったもののいまいちスコアを伸ばせず。
 後続からの圧に逃げ切り、完全優勝をした堀川選手でしたが、実は2年前のツアー選手権での完全優勝優勝と今大会での完全優勝では大きな違いがありました。それこそ、2年前、「2、3mはほとんど入るイメージしかなかった」という一番の武器だったパッティングは、同じ年の冬から「壊滅的。このままでは戦えない」というウイークポイントになったと話す。
 グリーン上でのイップスを発症。肝心なところで右手が悪さをするようになったと語った堀川選手でしたが、「ブレーキをかけるような感じだったり、水中で打っているような感じだったり、フェースをグラグラさせているようだったり」。と苦戦する中での結果として残した今回の優勝は記憶に深く残る大会だったんではないかと思います。
 さあ、喜びもつかの間、最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が12月2日から4日間大会にて、東京よみうりカントリークラブで開催されます。
 なんといっても賞金王がどの選手になるのか?注目すべきは、今季もっとも活躍したプロたちに混じり、日体大3年の中島啓太選手が参戦!9月の「パナソニックオープン」で史上5人目のアマVを飾り、2007年の石川遼選手と11年の松山英樹選手以来、史上3人目のアマ出場を果たすこととなりました。歴史上に名を刻む偉業を達成できるのか注目が集まりますね。
 さあ、最終戦で30名のトッププロ達が熱い戦いを繰り広げます。みなさんも応援よろしくお願いします。




国内女子ツアーは全日程が終了しました。



kanae
前歴    :キャディ
大家族   :兄妹7人の末っ子。
フレンドリー:誰とでも仲良くできるオープンな性格。
ゴルフ命  :とにかくゴルフ好き。